お金を稼ぐ方法を研究するブログ

お金を稼ぐ方法を研究するブログ

思い切って未知の投資にチャレンジ!

お金を稼ぐ方法を研究するブログ

 

社会人経験も10年が経過して、それなりに仕事もこなせるようになってきたと感じています。若いころのような野心はないかわりに、世の中のマナーやルール、会社組織の泳ぎ方もいつのまにか身につけています。そして社会にもまれて自分がどの程度の人間なのか大体わかってきました。大成功を収めたいわけではないが、欲しいものはまだあるし、今後の生活は今より充実させたい。会社の給与から税金を天引きされ、上がったはずの給与の手取りが減っている。

 

会社は評価してくれているのに、手取り減る時代。振り上げたこぶしはどこにぶつけよう。今の自分でも手持ちを増やせる方法を考えました。資産運用でプロに増やしてもらうのはどうなのかと。そうは言っても、金融・経済に明るいわけではなく、投資というともちろんリスクは付き物です。減るかもしれないリスクを思ってしばらく手を出せずにいました。

 

しかし、減らないと預けていても預金はほとんど増えやしないことに気がつきました。そして、これだけグローバル化してくると国際社会で貨幣価値が下がってしまえば実質減るようなもの。あまり詳しくないけれど、人生の授業料と割り切って、投資信託を始めてみました。もともとずぼらな私ですが、さすがにリスクを負っていると株価を気にしたりするようになって、金融の仕組みも以前より知識が確実につきました。そしてももちろんわずかではありますが、投資は預金金利の比べ物にならないほど増えています。

 

このチャレンジ得られたのは、お金が増えたこともありますが、自分がスキルアップできたと思います。いつ暴落するかわかりませんが、日々勉強して大事に増やしていきたいですね。

 

 

外国為替証拠金取引は、一石二鳥の趣味と言える。

お金を稼ぐ方法を研究するブログ

 

いったい現代の中年サラリーマンたちが、どのくらいのお小遣いを使ってらっしゃるのか分かりませんが、こんな世の中でございます。あんまり期待できるような額じゃないでしょうね。お家やお車のローン、お子様の教育費、それだけじゃございません。物価というものも鰻登りに上がり、加えて消費税の問題もあります。お小遣いといいましても、せいぜい、お仕事帰りに最近流行りのちょい飲みぐらいで我慢してるんじゃないでしょうか。悲しいですが。

 

また違う使い方をしてらっしゃる方もいる。いわゆるギャンブルでございますね。競馬、競輪、競艇、オートレース。さらにインドア派ならパチンコやパチスロなんかですね。ギャンブルではないけれど、キャバクラなんかに入り浸る方も多い。まあ、これらは確かに楽しみでもあるんですね。けっしてダメだとは言えない。ただ、それだけに貴重なお小遣いを使ってしまうのは、なんか虚しい気もするんです。お金を使い、ときには儲かることもあるんでしょうが、それは一時的な喜びなんですね。後には残らない。これは皆さん、もう経験済みでしょう。でも、止められないんですよね。他に代わるものが見つけられないから。

 

いいものがございます。それは投資なんです。投資と言えば、株取引や先物取引なんかを頭に思い浮かべると思いますが、最近じゃもっとやりやすい投資が人気でございます。それが少額 FXというものなんですね。FX取引は簡単で少ない資金でも始められることから、今では性別や年齢に関係なく、たくさんの方が取引をされております。

 

先ほどのお話の続きをするならば、少ない中年サラリーマンたちのお小遣いでも、充分に取引をすることができるんです。FX取引がおすすめなのは、たんなる利益を狙うだけじゃなく、利益を出すためにはそれなりの知識も必要になるんですね。否応なく情報収集をするようになる。そうすれば、経済、政治、世界情勢なんかの知識も得られる。まさに一石二鳥の趣味と言えるでしょう。

 

 

不動産投資の体験談

お金を稼ぐ方法を研究するブログ

 

私は2014年から不動産投資を始めました。きっかけは、東京オリンピック開催が決定したことです。東京では今後、新しいオリンピック競技の開発需要やさらなる人口の増加が見込まれるので、不動産業界が活気に溢れると見込みました。実際に、証券会社へ私はいきました。過去にも不動産投資を行った事がありましたので、それなりのリスクに対する知識はありました。

 

その点から差し引いても、今回の不動産は期待ができました。実際に証券会社の方々も「不動産はこれからのびることが期待されます」という言葉を頂きました。私の予想している伸び率以上の効果がある、現在の東京の不動産ビジネスはまさに買い時。ぜひ、みなさんにもおすすめしたいものです。みなさんは不動産投資というとどのようなものを浮かべますか?マンションや一戸建ての不動産ではないでしょうか?

 

実際にもマンションや一戸建ての不動産はあります。しかし、それだけではありません。実は近年、増加している大型ショッピングモールも実は不動産。言われてみればという感じもしますね。ショッピングセンターに入っているショップにも不動産投資の効果は大きく影響してきます。テナントが埋まればその分の賃料が取れるわけで、今後も大型ショッピングセンターは増加傾向にあるので、オリンピックにさらにプラスして、期待できる分野であるといえます。

 

不動産は今やリスクの少ない投資物件です。ぜひ、投資をして日本の経済をさせましょうではありませんか。

 

 

株式投資と投資信託2本建て

お金を稼ぐ方法を研究するブログ

 

私は基本的には株式投資と投資信託の2本建てで資産運用しております。今回は投資信託ついてです。以前は日本国債中心の投資信託を行っていました。比較的安全な投資先の日本国債ですが配当性は悪いとの欠点がありました。元金保証はもちろんありませんがそこそこの安全性はありましたが、それでは運用利回りを考えると魅力を感じません。そこで投資先を数年前よりブラジル不動産投資信託へ切り替えました。もちろんリスクは大きですが配当利回りは数倍になります。

 

今は評価額も大きく上がりましたのでかなりの利益が出るようになりました。特に素晴らしいのは配当金です。毎月決算型なのですが配当金収入が月5万円が定期的に入るようになりました。ブラジルは以前からサッカーワールドカップやオリンピック招致成功など話題性があったため数年後は経済的に伸びる投資先と感じていたので読みが当たったと思います。ただし、ワールドカップも終わり、数年後にはオリンピックが終わったらちょっと考えなくてはいけないかなっと思っております。

 

今は次の投資先を探り中です。もうしばらくは様子見ですが、今のところは配当金収入を得ることで生活に余裕が出てきてるのが現状です。中国やインドも頭打ちに近いのでちょっと思案はしてます。銀行にお金を預けても利息なんて微々たるものですのでそれを考えると積極投資の必要性を感じています。元金保証=低金利なので投資の旨みは最大限に生かさないといけないと思います。

中東地域の政局不安などでFXの手数料や強制損切りが変わることも

 

世界の情勢は、刻一刻と変動しています。その中には、とても大規模なものも見られるのですね。というのも数日前なのですが、ちょっと中東地域の国が少々大変な状況だったようです。現在の政治が、色々と不安定な状況になっているようなのですね。いわゆる分裂が発生している状況ですので、その国は少々揺れている事だけは確実でしょう。

 

そのような状況が発生した場合、ちょっとFXでの売買では注意が必要です。なぜなら手数料が変更になる可能性があるからです。まず上記のような状況になりますと、外貨の動きは少々激しくなりがちです。普段であれば1日に0.5円くらいしか動かないのに、政局が不安定な状況になれば、1円くらい動く事も決して珍しくありません。まずその大きな動きは要注意ですね。

 

そして動きが激しくなりますと、手数料も変動する傾向があります。普段であれば0.8銭位の手数料にもかかわらず、上記のような大きな政局不安などにより、1.8などに拡大するケースも決して珍しくないのですね。思えば失業率などの数字が発表された時も、手数料が動くケースがしばしば見られるでしょう。アメリカの雇用情勢に関わる数字が発表された時は、本当に手数料はよく動くと思いますね。政局の不安もそれは同様なのです。

 

また手数料だけでなく、強制損切りにも注意を要します。上記のようなナイーブな動きが生じますと、強制損切りのレベルが変わることもあるのです。普段であれば150%になっているにもかかわらず、120%や180%など劇的な動きが発生するケースも案外多く見られます。もちろん強制損切りは、多くのトレーダーの方々にとっては死活問題ですね。ですので自分が売買をしているFXの外貨に関わる政局不安が発生した時は、ちょっと注意を要するでしょう。特に上記の強制損切りの動きなどは、やはり注意を要すると思います。金融会社としてもその旨をメールで強調する事が多いくらいですから、普段以上に慎重な売買が求められるでしょう。

続きを読む≫ 2015/11/20 11:02:20

生活にゆとりが出ます

 

是非、自宅で、駐車場経営をして、資産を増やしていください。東京でバブル期を過ごした人として、最近思うことは、技術革新して、少し、郊外に住んでいても、東京は十分と近いし、利用できるということです。無理矢理に、都会に住むことはありません。できれば、どうしてもという場合は、1ルームマンションを買われるべきでしょう。そこを、安心として購入しておくのです。賃貸に出すというよりは、自分の遊びの拠点です。勿論、家に帰れるときには家に帰るのですが、帰れなくなった時に利用するのです。価格も、ワンルームであれば、そこまで高くはないでしょう。利便のいい場所に買ってください。なぜなら、そこは遊びの拠点です。

 

今は、車も快適なので、都会よりも安い郊外の駅前に大きな一戸建てを建て、その前を駐車場として貸出、少しでもキャッシュを増やすのです。微々たるものと考えていても、このキャッシュのアシストは大きなものとなります。普通のサラリーマンでも、都会で楽しくリッチに遊べるのです。必要経費が、都心とは雲泥の差です。

 

また、子供のいる場合、教育にも大きなプラスとなります。まず、のびのび育ちます。教育費もかけられるのです。茨城県は田舎ですが、最近では、新しく私立の小学校も2つもできました。そこで最先端の学習ができるのです。もちろん、先生も一流です。茨城県の必要経費は、破格です。高速道路も近く、あっという間に赤坂です。遊びに駐車場の値段を払っても生活には余裕が出ます。

 

続きを読む≫ 2015/07/06 11:54:06

古いと後が大変です

 

不動産投資がいいとかんがえています。持論ではありますが、お金は紙切れということです。実物資産のほうがずっといいのです。目に見えます。もし、お金に余裕のある方なら、不動産投資です。目に見えるし、オーナーというのは気持ちのいいものです。賃貸収入があります。そこを見込める土地を買い上げることです。リーマンショック、というよりは、バブル以降、土地の値段は下がる一方でした。ここにきて、上るようになってきましたが、まだ、安値です。マンションはもちろん、都会であれば、賃貸収入を見込めますが、マンションは手放す時に困ります。特に古いマンションは買いてが見つかりません。

 

もち論買うときに注意も必要になります。大きな買い物なので、そのマンションが築30年というものであれば、配管が悪くなっているということです。大規模改修があるのです。住んでいるので、大変です。外壁の塗装もくさいし、全面ビニールを張られて息苦しいです。新築マンションでないとどうしても、このようなことがあります。配管のトラブルは生活するのに大変心配な要素です。それを含みながら、都会の古いマンションをリノベーションしないといけません。自分のことだけではないのです。マンション全体がそう決まると、それに従わないといけません。そこが面倒です。

 

その点、東京駅から、40分ほど離れた場所の駅前一軒家に、優雅に住んで、家の前を駐車場にするという構想はどうでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/06 11:53:06

FXの売買成績を向上させる為に整理整頓をする

 

FXの成績が良くないとなると、現在の自分の環境を色々見直す事も必要になります。何かが原因で成績が良くない訳ですから、その原因を特定する事も必要でしょう。そのために多くの方々は、FXの売買利益などを見て反省している事も少なくないのです。しかしそれ以前に、もっと根本的な事が原因になっている可能性もあります。それが机の上の整理整頓の状況ですね。つまり机の上が綺麗になっているかどうかが、売買成績に関わるという意見もあるのです。

 

そもそもこの金融商品の成績は、集中力に左右される一面もあります。チャートなどを見て色々と分析をするにしても、やはりそれに集中をする必要があるでしょう。注意力散漫な状態になってしまっていれば、やはり分析などはスムーズに行かないものです。ところで注意力が散漫になっている原因には色々考えられるのですが、その1つが机の上の整理整頓の状況なのですね。やはり机の上が雑然としていれば、ちょっと気が散りやすくなってしまうと思います。思えば私たちがパソコンの作業をする時にも、机の上の雑然状況に左右される一面がありますね。余り机の上が散らかっていると、パソコン作業に集中できなくなってしまう事もあるのです。

 

それと縁起の問題になりますが、余り机の上が乱雑な状況になっていると運気が逃げてしまうと言われています。整理整頓されている状況の机の方が、運も来やすいようなのですね。FXは、運気にも左右される一面があります。時にはまぐれで大きな利益が発生する事があるのも、この金融商品の特徴の1つなのです。ですので運気も、あながち軽視できません。

 

それを呼び込むためにも、やはり机の上は整理整頓しておく方が良いでしょう。集中力にも大きく関わってくる訳ですから、ちょっと頑張って整理する方が良いでしょう。もしも「自分の売買成績は今一つ良くない」と思っているようでしたら、ちょっと頑張って掃除をしてみるのも一法だと考えます。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:12:30

慎重すぎるほど慎重なFXの売買で成績が良くなった私

 

FXの売買は、あまり頻度が多すぎるのは問題です。頻度が多すぎる売買の場合、余計な建玉が発生しているケースもしばしばあるからです。そもそもこの金融商品は、売買のチャンスはあまり多くありません。世間ではデイトレで売買を行っている方も多いのですが、それでも売買をする頻度は1日に1回もしくは2回だそうです。1日に10回も売買をするのは、良くないという意見も根強いのですね。

 

10回も売買を行うと、余計な建玉が混ざっている可能性もあります。それで大きな損失が発生してしまって、トータルの利益率が低くなってしまうケースも珍しくありません。ですので取引頻度は、ほどほどに抑える方が良いのですね。ちなみにFXのトレーダーの中には、常に建玉を持っていないと気持ちが落ち着かない方もいらっしゃいます。それは1種の病気のようなものだとの見もありますね。インターネットでは、その病気はたまにポジポジ病とも呼ばれているのです。何しろ余計な建玉を作らないのは、この金融商品では大切ですね。

 

ちなみに私も、以前そのような病気でした。とにかく建玉を持っていないと、何となく眠れないような気がしたのです。しかしそれではあまり成績が良くなかったので、ある時に私はかなり慎重に売買を行うようになりました。慎重すぎるほど慎重に、分析を重ねた覚えがあります。チャートの細かいところまで分析をしましたし、自分の売買の履歴などもかなり細かく分析をした記憶があるのです。

 

それを行ってから、私はその金融商品で売買を行う回数が激減しました。回数は減ったのですが、成績はかなり良くなりましたね。無難な所のみで売買を行っているので、大きな損失額が発生する確率も激減した記憶があります。上記のようにデイトレで1日に10回も売買をしているのは、さすがにちょっと多すぎると思います。もしもそのやり方で「売買成績が今一つ良くない」と思っているのであれば、私のように慎重にFXの売買を行う事も必要だと思う次第です。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:11:30

会社に居る間も建玉の状況が気になる事が少ないFX

 

FXとよく似ている商品の1つに、株式取引があります。どちらもリアルタイムな売買をする事ができますし、値動きがあるものを用いての売買になります。昨今の株式取引はインターネットでいつでも売買ができますね。FXもそれは同じです。また株の場合は株券の値動きを用いて売買をする事になるのですが、FXは外貨の動きを用いることになります。ですので両者は、非常に似ている一面があるのです。

 

しかし1つ決定的な違いがあって、「仕事中に動きが気になるか否か」です。というのも株式取引を行っている方は、そのような感情を覚えるが非常に多いのですね。そもそも株式投資というのは、売買ができる時間もある程度限られている一面があります。午前中からお昼過ぎまででないとマーケットが動きませんので、必然的に取引ができる時間帯も限られてくるのですね。

 

そしてサラリーマンの方々などは、朝の時間帯に注文を発注している傾向があります。昼間の時間帯は、どうしても会社で作業をする必要があるからです。その他には、お昼休みに注文する方法もありますね。ところで銘柄の決済は、その日の内に行うのが難しい一面があります。お昼休みに新規の注文をしたのであれば、お昼過ぎまでには決済する必要があるでしょう。しかしその時間帯は、もちろん会社で作業をしています。決済ができませんね。

 

そして一度建玉を持ちますと、自分の玉の状況が気になって仕方が無くなってしまうのです。その値動きが気になるあまり、仕事に集中できなくなってしまうサラリーマンも中にはいらっしゃいます。ある意味それは株式取引のデメリットと言えるでしょう。ところがはFXは、24時間いつでも売買ができるのです。上記の方のように玉が気になるのであれば、それを持たなければ良い訳です。つまり出勤前に建て玉を作らなければ、株式投資のように「動きが気になって仕事に集中できない」ことも無いでしょう。ある意味それは、FXのメリットの1つと言えます。

続きを読む≫ 2015/06/30 13:11:30

ホーム RSS購読 サイトマップ