古いと後が大変です

古いと後が大変です

古いと後が大変です

古いと後が大変です

 

不動産投資がいいとかんがえています。持論ではありますが、お金は紙切れということです。実物資産のほうがずっといいのです。目に見えます。もし、お金に余裕のある方なら、不動産投資です。目に見えるし、オーナーというのは気持ちのいいものです。賃貸収入があります。そこを見込める土地を買い上げることです。リーマンショック、というよりは、バブル以降、土地の値段は下がる一方でした。ここにきて、上るようになってきましたが、まだ、安値です。マンションはもちろん、都会であれば、賃貸収入を見込めますが、マンションは手放す時に困ります。特に古いマンションは買いてが見つかりません。

 

もち論買うときに注意も必要になります。大きな買い物なので、そのマンションが築30年というものであれば、配管が悪くなっているということです。大規模改修があるのです。住んでいるので、大変です。外壁の塗装もくさいし、全面ビニールを張られて息苦しいです。新築マンションでないとどうしても、このようなことがあります。配管のトラブルは生活するのに大変心配な要素です。それを含みながら、都会の古いマンションをリノベーションしないといけません。自分のことだけではないのです。マンション全体がそう決まると、それに従わないといけません。そこが面倒です。

 

その点、東京駅から、40分ほど離れた場所の駅前一軒家に、優雅に住んで、家の前を駐車場にするという構想はどうでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ