中東地域の政局不安などでFXの手数料や強制損切りが変わることも

中東地域の政局不安などでFXの手数料や強制損切りが変わることも

中東地域の政局不安などでFXの手数料や強制損切りが変わることも

中東地域の政局不安などでFXの手数料や強制損切りが変わることも

 

世界の情勢は、刻一刻と変動しています。その中には、とても大規模なものも見られるのですね。というのも数日前なのですが、ちょっと中東地域の国が少々大変な状況だったようです。現在の政治が、色々と不安定な状況になっているようなのですね。いわゆる分裂が発生している状況ですので、その国は少々揺れている事だけは確実でしょう。

 

そのような状況が発生した場合、ちょっとFXでの売買では注意が必要です。なぜなら手数料が変更になる可能性があるからです。まず上記のような状況になりますと、外貨の動きは少々激しくなりがちです。普段であれば1日に0.5円くらいしか動かないのに、政局が不安定な状況になれば、1円くらい動く事も決して珍しくありません。まずその大きな動きは要注意ですね。

 

そして動きが激しくなりますと、手数料も変動する傾向があります。普段であれば0.8銭位の手数料にもかかわらず、上記のような大きな政局不安などにより、1.8などに拡大するケースも決して珍しくないのですね。思えば失業率などの数字が発表された時も、手数料が動くケースがしばしば見られるでしょう。アメリカの雇用情勢に関わる数字が発表された時は、本当に手数料はよく動くと思いますね。政局の不安もそれは同様なのです。

 

また手数料だけでなく、強制損切りにも注意を要します。上記のようなナイーブな動きが生じますと、強制損切りのレベルが変わることもあるのです。普段であれば150%になっているにもかかわらず、120%や180%など劇的な動きが発生するケースも案外多く見られます。もちろん強制損切りは、多くのトレーダーの方々にとっては死活問題ですね。ですので自分が売買をしているFXの外貨に関わる政局不安が発生した時は、ちょっと注意を要するでしょう。特に上記の強制損切りの動きなどは、やはり注意を要すると思います。金融会社としてもその旨をメールで強調する事が多いくらいですから、普段以上に慎重な売買が求められるでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ